お葬式

心温まる葬儀ができる

小規模な葬儀を希望する人が多くなってきました

葬儀

一昔前まで、誰かが亡くなった際には、その地域に住んでいる人全員に死亡連絡が入れられるのが当たり前のようになっていました。昔の日本には、冠婚葬祭の行事は地域共同体の内部で面倒をみるという考え方が定着していました。そのため、近所で誰かが亡くなった際には、あまり親しい付き合いをしていなかった人も必ず葬儀の手伝いをし、野辺送りにも参列しました。そのような形で葬儀が営まれていた時代には、参列者の数が少ないのは村八分扱いをされていた家から死者が出た場合だけであったため、参列者が少ない葬儀を恥ずかしいと考える意識が生まれました。しかし、人々の価値観が多様化している現在では、参列者の数が少なくても、それを恥ずかしいことだと感じる人は少なくなりました。むしろ、少人数でこじんまりと最後の時間を過ごしたいと希望する人が多くなってきた結果、家族葬という新しい葬儀形式が誕生しました。

今後は家族葬を営む人が増えると考えられています

生前の仕事などの関係で、大勢の弔問客の来訪が見込まれる場合には、従来通りの形式で葬儀を営むようにした方が面倒がありません。しかし、高齢者が亡くなった場合に従来通りの形式の葬儀を執り行ったとしても、逆に弔問客の少ない寂しい葬儀になってしまうおそれがあります。最近は、人間関係が希薄になってきていますので、近所付き合いをほとんどしていないという人がたくさんいます。ですので、規模の小さい家族葬形式を取るようにした方が、心温まる良い葬儀にできる可能性が高いです。家族葬は、故人の家族や友人を中心にして営む葬儀ですから、余計な気遣いをする必要がありません。儀礼的な弔問客の対応に煩わされてしまう心配がありませんので、故人との最後の時間を濃密なものにすることができます。費用の節約効果もありますので、今後は家族葬を選ぶ人が増えるだろうと予想されています。