お葬式

人気がある葬儀の方法

必要になる費用の内訳

葬儀

家族葬は通常の葬儀の半額以下の費用で行えることから人気があります。家族葬を行うときにかかる費用には、大きく分けると「故人を送り出す儀式にかかる費用」と「参列者をおもてなしするのにかかる費用」があります。故人を送り出す儀式にかかる費用とは、要するに葬儀会社に支払う費用のことです。ほとんどの葬儀会社には「家族葬プラン」というのがあります。家族葬プランは、だいたい30万円〜60万円くらいが相場と見られています。 葬儀会社に支払う費用の他にかかるのが参列者をおもてなしするのにかかる費用です。通夜ぶるまい、精霊落としなどの飲食代、返礼品などを用意するのに必要な費用のことです。また、宗教関係者への接待費、お布施なども必要です。

参列者の人数によって違う費用

家族葬は明確な定義はありませんが、参列者を限定して行う葬儀のことを家族葬という場合が多いようです。一般葬のように一般会葬者は参列しないので、家族や友人達のみでゆっくりと最後のお別れができます。 家族葬プランは参列する人数ごとに料金が決まっている場合があります。10人規模の参列者なら30万円、30人規模の参列者なら60万円くらいがだいたいの目安です。プランには祭壇設置やスタッフ代などが入っています。また、オプションで通夜ぶるまいや精霊落としなどの料理を手配してもらうこともできます。 利用する葬儀会社が斎場をもっていれば斎場使用料がない分お得になります。また、市営斎場を使用することでも費用を抑える事が可能です。